トップ / インプラントを快適に

疾患

ブリッジよりインプラント

インプラントとは人工歯根を植え込むものです。そのため、入れ歯と違い取り外しできません。その人の骨の状況により、誰もが受けられる処置ではありません。保険適用外の部分も大きく、かなりの金額がかかります。ただ、1本だけ抜歯したような方の場合、ブリッジよりもインプラントの方がおすすめです。ブリッジは保険適用で安く済むのですが、欠損歯部分にダミーとよばれる偽の歯を入れるためにその前後の歯を削ります。ダミーには歯根もないため、歯茎への負担、前後の歯への負担がかかり、健康な歯が傷む原因となるからです。

インプラントのメリットについて

多くの歯がない場合でも、天然歯と同じ見た目で動労の力で噛むことが出来るインプラントはいかがでしょうか。何らかの事故や天性の発達障害により歯がない状態の方には、見た目で苦労されていることでしょう。入れ歯のように外れてしまったり、痛かったりといった症状がなく、異物感を感じることなく利用することが出来ます。言わなければ天然の歯と気づかれないようなひとりひとりにあったオーダーメイドでの作成になるため、安心してインプラント治療を利用して見ましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科の医師会に関して. All rights reserved.