トップ / 歯医者で快適な生活を

疾患

歯医者での歯科治療の痛み対策

歯医者の歯科治療では、現代においては痛みへの対策が、どこでも行われています。昔は歯の治療は痛くて当たり前で、それに耐えるしか方法はありませんでした。麻酔は良くないものとして認識があり、よほどでなければ使わないため、普通に虫歯治療でも使うことは少なかったです。しかし現代では、虫歯治療でも麻酔は使用されることはあります。患者さんはいかに痛みを少なく治療できるか、医院の方で工夫をしてくれているので、治療は怖くはありません。

歯科に行くと肥満が治ることも

意外に思われるかもしれませんが、歯科で歯の不具合を治療したら肥満まで解消したという方は多いのです。時間をかけて食べるほど、肥満予防に効果的だと聞いたことがあるでしょう。血糖値の上昇を遅くしてくれるので、すい臓にも負担がかかりません。肥満だけでなく、糖尿病を予防するためにも、よく噛んで食べることは大切なのです。歯が悪いと食べるのが早くなりやすいため、消化不良や肥満を招きやすいのです。早食いは暴飲暴食につながるので、よく噛んで食べるようにしましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科の医師会に関して. All rights reserved.