トップ / 歯科に行くタイミング

疾患

歯科検診をうけるのが大切

多くの方は、歯科を利用するときは歯が痛いというときが多いです。でも歯が痛いときは多くの場合、虫歯になっていることが多く、麻酔をしたり削ったりというつらい治療をすることになり、嫌いになっていくものです。でも検診をうけたり、歯石をとるなど定期的に通うようにしていると、虫歯を未然に防ぐこともできますし、日本人に多いという歯周病予防にもなることができるのです。もちろん歯科の定期健診にはつらい治療は必要ないですし、初期の虫歯には痛い治療もないので、歯医者さんが嫌いになるようなこともないのです。歯医者嫌いな人ほど、定期的に検診をうける習慣をつけたほうがいいのです。

歯の定期検診をしましょう

歯を丈夫に美しく保つには歯の定期検診を行いましょう。歯科医に行く時間や暇が無い、お金が掛かると言う方が居るかと思います。しかし、虫歯や歯槽膿漏等の歯の病気に掛かってしまった時には何ヶ月も治療に通い、お金もそれなりにかかってくるかと思います。また、お年寄りになった時に自分の歯でご飯が食べられると言うのはとても幸せな事なのです。入れ歯を作るのにお金がかかりますし、また装着時に違和感があったり堅い食べ物が食べられないと言った事も出てきます。今から将来を見据えて歯科で定期検診を行い、丈夫で綺麗な歯を保ちましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科の医師会に関して. All rights reserved.