トップ / 歯科でのブラッシング指導

疾患

歯科における歯ブラシの指導

歯科における歯ブラシの指導は、衛生士さんがよく幼稚園や小学校で講演を行っています。ブラッシングは虫歯予防の基本中の基本ですので、小さいころから正しく磨く習慣を教えることは大切なことです。ブラッシング指導は、歯科医師がすることはあまりなく衛生士さんがほとんどしますので、緊張感がなくていいのかもしれません。ブラッシングで大切なことは、軽く当てて細かく振動されることです。これによって落ちにくい歯垢も簡単にとれます。また握るときは箸をにぎるような感覚で磨くといいです。強く当ててしまうと歯肉を傷めますので、注意しましょう。

歯医者がすすめる歯ブラシ

歯科とは歯や歯の組織に関する疾患を扱う診療科になります。疾患を治すだけではなく、歯並びを整えたりするなどが行われるほか、正しい歯磨きによるプラークコントロールの仕方も指導しています。自分に合った歯ブラシで歯を磨くことを歯科では推奨しています。歯ブラシはデザインだけで選んでいてはしっかりと歯垢を除去することはできないため、奥歯もきちんと磨けるヘッドが小さく、健康な人なら毛の硬さは普通のものを選び、毛先が真っ直ぐなものを選ぶことで磨き残しを減らして、毛に腰のあるものを選択することでしっかりプラークを除去することができるとされています。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科の医師会に関して. All rights reserved.