トップ / 歯肉炎の家庭の予防法とは

疾患

歯肉炎は癖がある証拠

何度か歯肉炎を経験して気が付くことがあります。「いつも上の歯の左奥にできる」とか、「右下の、糸切り歯の辺り」とかです。これは歯ブラシのマッサージ効果がその部分だけ現れていないということを意味しています。つまり、歯磨きのやり方に癖があって、磨き残しがある、その部分がいつも歯肉炎にかかってしまっている、と言うことになります。歯医者さんで上手な歯磨きの方法を教えて下さいますので、一度相談してみましょう。その後は、練習も必要です。

もっと気軽に歯科医院へ

歯科医院は虫歯が痛くなってから行く人が多いものです。そして、治療が終われば他の歯が痛くなるまで足を運ばなくなってしまう。そういう場所になってはいませんか。歯科医院は虫歯治療はもちろんのこと、虫歯や歯周病の予防としても定期的に通っていただきたい場所です。定期的なメンテナンスにより、自分の歯を出来るだけ長持ちさせてほしいと考えるからです。美容院や床屋さんに通うような気軽な気持ちで訪れて、きれいになった歯に満足して帰ってほしいとスタッフは願っています。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科の医師会に関して. All rights reserved.