トップ / 目立たない治療の矯正歯科

疾患

マウスピースの矯正歯科治療

矯正歯科の治療では、金属の装置とワイヤーを歯の表面に掛けるブラケットという方式がよく知られています。この方法は適用症例が多いというメリットがありますが、治療中であることが他人に知られやすいという難点があります。最近の矯正歯科治療では、審美性を大切にした歯並び治療が行われています。そのひとつに、透明のマウスピースを段階をおって装着することで歯を動かす方法があります。歯並びの状態により、マウスピースだけで治療をするケースや目立たない部分にブラケットを併用するなど治療プランはいろいろです。

大人になってからの矯正歯科

矯正歯科と聞くと、口を開いた時に見える不恰好なメタルブラケットが思い浮かびます。笑うのを躊躇ったり、ブラケットが見えるのが嫌で喋り方が不自然になったりします。しかし、最近では目立ちにくいセラミックブラケットや歯の裏側につけるリンガルブラケットがあります。リンガルブラケットは喋りにくいといったデメリットもありますが、外から全く見えないので人と接する時に気になる方にはとても魅力的です。歯並びで人の印象はグッと変わってきます。選択肢が増えた現在、大人だからと諦めず矯正歯科を受診してみるのもいいかもしれません。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科の医師会に関して. All rights reserved.